尾関愛野主任 私にとってのBe・Escortは「温」

岐阜店 尾関愛野主任

【経歴】

H27 岐阜店 入社

自身の脱毛体験を通じて、脱毛業界に興味を持つ。美容への関心もあり、入社を決意。お客様をきれいにしたい。悩みの解決をしたいという姿勢から多くのお客様から支持を受けている。

今回は、岐阜店で働いている尾関愛野主任にインタビュー。

なぜ、脱毛業界で働いているのか?
そしてビー・エスコートで働き続けているのか?

岐阜で多くのお客様と接する尾関主任に聞いてみました。

入社前は、ビー・エスコートを知らなかった。

-ビー・エスコートに入社したきっかけを教えてください。

もともと、美容については少し興味がありました。自分も、脱毛をしたことがあって、そのときに効果が実感できていい仕事だなと思い入社しました。

-なぜビー・エスコートを選んだのですか?

実は脱毛をしたのは、他のサロンだったんですそのとき、予約が取れなかったり、お手入れがしっかりとされなかったりと満足できない部分がありました。そしてビー・エスコートを偶然求人サイトから見つけて、面接を受けてみたんです。

-面接をするのに、不安はありませんでしたか?

ありました。あまりCMなども大きくはやっていないので、なぞの会社とも思っていました。だからこそ、会社情報をホームページで調べるなど色々情報収集をして面接をうけました。ただ私の面接当時でも創立18年で脱毛だけで、すごい実績のある会社だということで安心して受けることができました。

入社する前の不安が、180度変わった!

-入社前に不安に思うことなどありましたか?

店舗に関しては、女性だけの職場ということもあり、不安に思うことがありました。そして、私自身の脱毛経験から人におすすめしたい!皆やったほうがいいよ!ということがしっかりと伝えることができるのかという部分も不安でした。

-実際に入社してみて、いかがでしたか?

まず、女性だけの職場の不安というのは一切なくなりました。逆に店長を中心にした店舗は、アットホームな雰囲気でとても居心地の良い職場だと今では感じています。店長とは3年一緒に働いていますが、いまでは姉妹のように感じています。

そしてお客様に対して、しっかりと悩みを聞いて、解決策を提案するということへの不安も研修制度を通して払拭することができました。

お客様としっかり向き合える会社だから安心できる。

-仕事をしているなかで、得られたものはありますか?

やはり仕事をしているなかで、壁にぶつかることがあります。けれど、そのとき一番近くに頼れる先輩や店長がいることがとても心強くしてくれます。壁にぶつかるたびに店長に相談をし、相談内容に向き合ってくれるだけでなく、しっかりと指摘もしてくれるので自分を見つめなおすことができています。

仕事をしているなかで、人としての成長を得られていると実感しています。

-美容業界で働いているなかで、ビー・エスコートのいいところはどこですか?

一番にあげられるのは、接客面だと思います。「お客様第一主義」の理念があり、「お客様と1対1で向き合える会社」だということだと思います。私だけでなく、店舗で一丸となってお客様の悩みを解決する体制が整っていると思います。

働きやすいから続ける!そして姉妹のような店長の右腕になりたい!

– 美容業界というと休みが取りづらかったりしませんか?

ビー・エスコートの場合は、休日に日曜があったり、月8日から10日の休暇があったりと働きやすい環境だと感じています。周りの美容業界を見ていると、なかなか休みをとれないという噂もきくので……

– 休みが多いのはいいですね。どのようなプライベートを過ごしていますか?

友達とでかけたりしますが、韓国旅行が最近のハマりです。そしてプライベートでも店長と旅行にいきます。しっかりとプライベートも充実できるのも、店舗の協力のおかげだと思っています。

-本当に店長と仲がいいんですね!今後のキャリアアップなどは考えていますか?

はい!本当に店長とは仲がいいと思います!!いまの第一目標は、役職者になることを目標にしています。役職者になりたい理由も店長の右腕にいつかなれたらなって思って目指している途中なんです。

これからビー・エスコート、美容業界を目指す方に

 

ビー・エスコートは、お客様第一主義という理念にある通り、お客様のことを一番に考えている会社です。そしてスタッフのことも第一に考えてくれる会社です。だから人として、女性としても成長することができます。困ったことがあっても、上長が親身になって相談に乗ってくれる環境なので、安心して面接に来てみてください。