脱毛サロンの求人は年間休日が少ない?仕事と休みのバランス良く働くには Yes!!

今回は美容・脱毛業界は、どのくらい休みがとれるのかについてのご紹介です。

美容・脱毛業界全体の共通事項としていえるのが、年間休日が非常に少ないということです。普通の企業で暦通りに休めれば、だいたい年間110日以上の休みが取れることになりますが、美容業界はなかなか休みがとれないことがほとんどです。

 

そして休日は土日や祝日よりもなるべく平日休みにしてもらいたいと考えている企業が多いので、美容室なら月曜日か火曜日、エステサロンは金・土・日を外した平日が休みになる場合が多く見られます。

 

そんな中、エステサロンや美容院では「シフト制で週休2日」という休日日数を設定しているところもあります。一瞬、これならきちんと休みがとれそうだと思いますよね。しかし、祝日が多い週でも週休2日しか休みはとれず、逆にゴールデンウィークなどの大型連休ではお客様がたくさん来るので、実際は年間休日で言うと100日弱になってしまうというところも多く存在しています。

 

どんな仕事であっても、労働時間が8時間を越える場合は、休憩を60分以上取らないといけないのは、労働基準法で決まっていますが、お客様を待っている間は働いていないとみなされ、休憩時間に含まれないこともあります。

法律の話になりますが、休憩時間は労働から離れた状態となるため、お客様に対応するために準備しなければならない「待ち時間」は実際問題、休憩していることにはならないのです。

実際の現場では、お客様対応をしてない隙間時間を見つけて、有効的に使って休憩をうまくとるようにしている方が多くいます。ただでさえ休日が少ない美容業界ですが、美容業界で働きたいと思っている方はきちんとこの現実を知っておいた方がいいでしょう。

 

土日は仕事と思った方が良い

美容・脱毛業界の客層としては20~30代の女性が中心です。普段OLとして働いている人が比較的多いので、土日祝の休みの日にエステサロンに通ったり、美容院に行こうと考えたりする人が非常に多いです。そのため、基本的に休日が忙しい美容・脱毛業界は、平日の日中にゆとりがあるため、シフト制といいながら、どうしても平日に休みを指定される場合が多々あります。

平日の日中は多くの従業員を確保しておく必要はありません。なので、どうしても平日に休みが多くなることは避けられません。土日休みが欲しいと考えている人には難しい職種かもしれません。他にも普段の休日以外に、夏期休暇、冬期休暇、特別休暇、有給休暇があるのかも調べておくとよいでしょう。

長く働きたいと考えているなら産休・育休制度があるのかもチェックしておきたいところです。求人に記載がない場合は、そういった休暇がない場合もあるので、注意した方がいいです。ここまで美容業界の休日についてご紹介してきました。土日休みが少なく、年間休日も比較的少ないというのが現状です。

 

美容業界の平均休日を知ろう

 

勤める業界によって休日の数は違うため、休日が多く欲しければまず休日を多く取得できるような業界から選んでいくことが大切です。20代や30代の若い人の平均休日は年間120日といわれています。この程度の休日があるようなら、平均的に休める業界と思って良いと思います。

しかし世の中にはあきらかに休みが少ない業界もあるのです。例えば「外食・レストラン」などの飲食業、そして、今紹介している「美容師・エステティシャン」などの美容・脱毛業界が少ない業界として有名なのです。

個人のお客様を相手にする仕事だと、働いた分だけ給与に加算されることがあります。逆に言うとするならば、お客様に来てもらえないと売り上げが上がらないために、一般の人が休みの時に仕事をしなければならないというところが共通しています。

特に美容・脱毛業界は、1人あたりに対応する時間も長いため、お店の評判が上がったり、自分自身に人気が出てしまうと、休日が少なくなってしまう職業だといえます。

 

長期休暇がとりやすい仕事もある?

いくら好きな仕事をしていても、疲れは溜まり、精神的にも参ってきてしまうと思います。たまにはリフレッシュしたい、そう思うのも無理はありません。

ただここまでお話してきたように、美容業界は休みが少なく忙しいので、長い休みを取ろうと思っても難しい場合がほとんどです。しかし、同じ美容業界でも、職種によっては長い休みがとれるケースもあるのです。ご紹介していきます。

 

長い休みが取れる美容業界の職種

 

例えば化粧品メーカーの販売員は、遅番や早番のシフトを調整しながら連休を組むことができる企業もあるようです。もちろん接客業なので繁忙期が忙しいですし、長い休みをとることは困難になってしまいますが、比較的暇な時期であれば、毎月連休を作ることもできるかもしれません。

美容業界はネイル、エステ、美容師、脱毛の職種が有名ですが、実はもっと色々な職種があります。その職種によっては、土日休みが期待できる企業が必ず存在します。視野を広げてみることも理想の働き方を実現させる方法とも言えます。

きちんと仕事をするときはしっかりと働き、休むときはしっかり休む。このような働き方をすることができれば、美容業界の大変な仕事でもよりよい環境で働くことができるでしょう。

 

脱毛サロンの「ビー・エスコート」は休みが年間113日以上とれる!

美容・脱毛業界は、基本的に休日が少ないと上記で記載しました。

ですが、実は多くの休日を設けている企業もあるのです。脱毛サロンの「ビー・エスコート」は年間休日がなんと113日も設けられているのです。

月に8~11日の休日が与えられることが保障されているので、きちんとプライベートと仕事を両立させることができます。

夏季、年末年始、有給休暇も、もちろん休むことができます。またそれとは別に特別休暇として、誕生日休暇、慶弔休暇、子の看護休暇があります。

これなら、結婚前のみ働こうという考えではなく、結婚した後も引き続き働きたいな、と思う人もいるのではないでしょうか。

離職率の高い美容業界ですが、その要因のひとつとして「休日が少なくてプライベートが充実できないから」というのがあります。しかし、「ビー・エスコート」なら、休みがきちんと保障されているため、仕事とプライベートの両立がきちんとバランスよくとれてとても働きやすくなると思います。

これから脱毛サロンで働きたいと考えている方はぜひ、「ビー・エスコート」で働くことをオススメします。