脱毛サロンの気になる給与事情 Yes!!

脱毛サロンで働きたいけれど、わからないことが多くて悩んでいる方はたくさんいらっしゃるでしょう。

脱毛サロンで働きたいけれど、どんな仕事内容でどの程度給与がもらえるのか、わからない方も多いのではないでしょうか。

「給与って基本給なの?」「歩合制ってどんなものなの?」など働いたことがないとイメージがつかないかもしれません。

そこで今回は、脱毛サロンで働く際の給与事情を解説していきます。

 

 脱毛サロンの給与の特徴

脱毛サロンの給与については、どの脱毛サロンも給与の値段の幅が大きいことが特徴です。

その理由は、多くの脱毛サロンでは「基本給+歩合、技術料」という方式で給与が発生するため人によって給与が大きく違ってくるからです。

エステティシャンという職業は、実力によって給与が変わる業界なので、後から入ったスタッフのほうが多く給与をもらうこともあれば、長く働いていてもなかなか給与が上がらないということもあります。

 

脱毛サロンの給与は資格を持っていると上がるのか

脱毛サロンは、資格がなくても働けるような小規模なサロンや個人経営の店なども少なくありません。

選考の際、資格を持っているほうが有利ですが、資格を持っていないことが完全に不利というわけではありません。

 

資格を持っていれば給与が上がると考える方がいらっしゃいますが、多くの場合、実力重視になります。

資格を持っている人が、給与の高い印象があるかもしれません。

しかし、資格を持っているだけでは給与は上がらず、高い技術力や接客能力が必要です。

 

ただ資格を持っているから有利というよりは、その人の経験、知識の度合いが重要視されます。

すでに脱毛サロンで働いていて、資格を持つことで給与上がるのではと思っている方は、ただ資格を取るよりも、並行して経験を多く積むことが必須です。

 

脱毛サロンの給与の仕組み

脱毛サロンの給与の仕組みは、サロンごとに異なりますが、基本的に歩合制が多くなっています。

この歩合制というのは、サロンへの貢献度で決まります。

貢献度とは、既存顧客からの指名率や施術量、新規顧客の取得数などです。

サロンの化粧品を月の目標数販売することや、コースの新規契約を取ることができたかでも変わってきます。

 

脱毛サロンの給与はどうやって増やすのか

脱毛サロンで給与を増やそうと思うと、一般的な仕事と同じように増えるわけではありません。

例えば、大卒優遇や、専門資格の保有者が有利といったことで給与が増えるというのはあまり脱毛サロンではありません。

サロンによって差はあるかもしれませんが、やはり歩合制が多くを占めています。

大学卒でなくても、資格を持っていなくても働きかた次第で給与が上がる場合も十分にあります。

 

資格を取るということは、専門的な知識を学ぶということです。

大学で多くのことを学び、人間関係も含めさまざまな経験をすることはどのような職場でも活かすことができます。

 

歩合制で給与を増やすためには、新規の顧客を増やし、化粧品の目標数の販売、コースの契約を取ることなどが必要です。

 

ビーエスコートなら

ここまで脱毛サロンの給与事情を解説してきましたが、脱毛サロンで働く際のイメージが少しでも掴めたでしょうか。

ビーエスコートでは、資格を持っていなくても、未経験でも確実にプロに育て上げるプログラムを用意しています。

段階を踏んで、座学と実技をしっかり研修で身に付けることができます。

お仕事をしながらJEM日本エステティック経営社会という資格を取得できる強みもあります。

全国に店舗を持つビーエスコートですが、各店舗すべて地域密着型で展開をしているため、お客様との距離が近く働きやすい環境です。

わからないことがあればすぐに先輩に聞くことができますので安心して飛び込んできてください。